ロサンゼルス留学なら手数料無料で安心のロサンゼルス留学センター

現地で加入できる!guard.me海外留学生保険

guard.me保険の特徴

guard.me_logo海外での医療費は想像以上に高額です。アメリカ滞在を延長したい方やぎりぎり保険が切れてしまった方にオススメです。もちろん、日本からもご加入いただけます。
  • 1日単位でお申込可能
  • 歯科治療が適用
  • 最長365日まで加入可能
  • サポートは全て英語

補償内容

補償内容
詳細
疾病治療・障害治療
対象費用の100%
救急サービス
カイロプラクティック、整骨医、手足治療医、足専門医の場合、最高$300まで。対象費用の100%。
歯科治療費用(不慮のけが)
$1,500までの歯科治療費の100%
歯科治療費用(緊急)
苦痛を緩和するため、$300まで対象費用の100%
緊急搬送
地上および空路による緊急搬送の費用の100%
処方薬
新たに処方された場合、対象費用の100%。
パスポート/旅行ビザの紛失または盗難
$500まで
携行品損害
紛失、盗難または荷物損傷には、合計で$800まで
渡航時の荷物の遅延
最大$100
死亡保険
最大$25,000
※補償内容は一部です。目安としてご検討ください。 ※補償内容の詳しい内容をご確認のうえ、ご加入ください。

保険料はいくらですか?

保険料
US3.00ドル/日
最低加入日数
10日
保険料のお見積り、詳細はこちらからお問い合わせ下さい。

※日本国内からお支払頂く場合、海外送金でのみ承っておりますので、海外送金手数料及び受け取り手数料がお客様負担になります。
※現地到着後にお支払頂く場合、弊社の銀行口座への振り込みあるいは直接オフィスでの現金支払いが可能です。

キャンセル規約

クーリングオフ期間

10日間
購入後10日以内で、国籍国を出国しておらず、処理中の契約請求が存在しない場合に全額払い戻しされます。

よくある質問

延長は可能ですか?
はい、当センターを通して延長手続きを行っていただけます。遅くとも保険の切れる三営業日前までにはお知らせいただく必要がございます。
明日から加入できますか?
いいえ、できません。保険会社のお手続きには約三営業日程かかりますので、余裕をもってお申し込みください。
待機期間はありますか?
いいえ、ございません。ただし、既往症(保険開始日以前から症状がある)や保険購入前に発生した事故・損害に対する補償はありません。
24時間サポートはありますか?また、クレーム申請は英語のみですか?
24時間サポートに対応しております。なお、クレーム申請に限らず、サポートは全て英語のみでの対応となっております。
通院時、支払い無し(キャッシュレス)の提携病院はありますか?
キャッシュレスサービスには対応しておりません。全ての補償は、自己負担後に自身で請求して頂く必要があります。
救急車での搬送料金は補償に含まれますか?
はい、地上および空路による緊急搬送の費用の100%がカバーされます。
どのように保険請求を行うのですか?
オンライン上から保険申請を行っていただきます。guard.me保険会社のホームページへアクセスしていただき、アカウントを作成の後、各種書類をアップロードします。インターネットへのアクセスがない環境にいらっしゃる場合は、郵送申請も可能です。
航空機関連の補償はどの時点から有効ですか?
本保険は日本を出国されてから有効となります。例えば
1.福岡→成田
2.成田→ロサンゼルス
3.ロサンゼルス→ニューヨーク
の2回乗り継ぎの場合、2,3の二区間が補償対象となります。
年齢制限はありますか?
はい、ご渡航日の時点で65歳未満の方が対象です。現地で加入された場合、保険開始日の時点が適用されます。

加入方法

保険に加入する際は、ロサンゼルス留学センターまでこちらからお問い合わせください。 お申込書をご案内いたします。
  • お申込書の受理後に、請求書を発行します。金額をご確認いただきお支払いをお願いします。
  • お支払いが確認できましたら、保険会社との手続きを開始します。
  • 保険会社とのお手続きに最大48時間かかります。ご了承くださいますようお願いいたします。
  • お手続き完了後、メールにて保険証書をご案内させていただきます。

ロサンゼルス留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら
イメージ フリーダイヤル ヨイクニ オーク tel:0120-4192-09 受付時間/10:00 ~ 20:00 (年中無休) 無料メール相談
  • 最安ロサンゼルス留学パック
  • 英会話レッスン
  • 転校相談が無料!
  • ロサンゼルス情報ブログ
  • 留学保険料徹底比較
  • skypeカウンセリング
  • ワーキングホリデーで働く前に! フィリピンとの2カ国留学はこちら