ロサンゼルス留学なら手数料無料で安心のロサンゼルス留学センター

カリフォルニア州免許証を取得しよう!

カリフォルニアに関わらず、アメリカは車社会!留学生も例外ではありません。ロサンゼルスを始め、アメリカの主要都市はある程度の公共交通期間が整っていますが、ひとたび郊外に行こうものなら車は必須です。語学学校や大学に通う方も、長期留学になる方は車の免許を取得する方がほとんどと言えるでしょう。

誰がカリフォルニア州免許証を取得できるの?

カリフォルニア州免許証の申請条件は、
  • 18歳以上であること
  • 有効な滞在ビザを持っていること
を満たしている方です。学生ビザで留学している方でも取得できます!

どうやったら申請できるの?

ここではカリフォルニア州免許証の申請の流れを説明します。
カリフォルニア州免許証はDMV(Department of Motor Vehicles)という、州の運転免許や自動車登録を管轄する部署で届け出を行います。

1. 筆記試験の予約を取る

ウォークイン (アポなし)で受け付けてくれる場所は限られているため、原則予約を取る必要があります。
並びたくない人、時間に限りがある方は予約を取っておくととてもスムーズです。

筆記試験の予約の取り方はこちら▷▷▷


2. 筆記試験を受ける

DMVにて筆記試験を受けます。所要時間はおよそ1時間です。
テストは最大3回受けることができます。テストに無事合格すると、仮免が発行されます。

3. 路上で練習する

日本の有効な免許証を持っている場合も、実技試験を受ける必要があります。
仮免を使って路上で練習しましょう。日本の免許証を持っていない方(人生で初めて免許を取る方)は、路上で運転する際に18歳以上のカリフォルニア州運転免許を持つ方が同乗していなければ、路上で運転はできません。

4. 実技試験の予約を取る

筆記試験の予約と同じ方法で予約を取ります。路上試験(実技試験)の予約は『Behind-the-Wheel Driving Test Appointment』から進みます。

5. 実技試験を受ける

テストは最大3回受けることができます。テストに無事合格すると、90日間有効なan interim license (暫定ライセンス)が発行されます。期間中に本免許証が郵送されます。

よくある質問


入国後、すぐに免許を取得することができますか?
はい、現地の電話番号があれば、すぐに筆記試験の予約を取ることができます。しかし、筆記試験の予約日時にはご注意ください。
筆記試験時に必要なI-20のアクティベーション(有効化)やI-94の情報が、政府のシステム上へ正しくアップデートされるために、おおよそ10日ほどかかるため、入国後最低でも10日以上空けてから筆記試験を受けることを推奨します。
18歳未満でもカリフォルニア州の免許を取れますか?
はい、可能です。ただし、最低でも満15歳半になっている必要があります。詳細はDMV公式サイト(英語)からご確認ください。
短期滞在の場合、カリフォルニア州免許証が無くても運転できますか?
はい、できます。DMV(交通局)によると、カリフォルニア州は有効な母国の運転免許証を認める (California does recognize a valid driver license that is issued by a foreign jurisdiction (country, state, territory) of which the license holder is a resident.)、となっています。短期滞在者が18歳以上であり、母国の免許証が有効であった場合も、「you may(かもしれない) drive in this state without getting a California driver license」となっています。念のため日本の国際免許証も取得してくるようにしましょう。

ロサンゼルス留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら
イメージ フリーダイヤル ヨイクニ オーク tel:0120-4192-09 受付時間/10:00 ~ 20:00 (年中無休) 無料メール相談
  • 最安ロサンゼルス留学パック
  • 英会話レッスン
  • 転校相談が無料!
  • ロサンゼルス情報ブログ
  • 留学保険料徹底比較
  • skypeカウンセリング
  • ワーキングホリデーで働く前に! フィリピンとの2カ国留学はこちら