ロサンゼルス留学なら手数料無料で安心のロサンゼルス留学センター

アメリカ・カリフォルニア MBA留学

アメリカでMBAを取得する

日本でも経営幹部やビジネスのプロが持つ資格として主流になってきているMBA(Master of Business Administration)は、アメリカで基礎となるカリキュラムが作成されたため、アメリカをMBA取得のための留学先として選ぶ方が多くいらっしゃいます。学校によって入学規定の英語力やプログラム開講期間が異なるため、どのようなキャリアを目指しているのかによって、最適な学校選びが重要となります。



出願時に必要な英語力

必要な英語力は平均IELTS 6.0以上

出願時に必要な英語力は、学校によって異なりますが、MBAは、大学院の修士課程にあたるプログラムとなるため、高い英語力の提示が求められます。IELTS、TOEFLそれぞれ認められている学校が多く、IELTS 6.0以上の英語力が求められます。サンディエゴのNational UniversityやニューヨークのMIMでは、出願時の英語力が高くないため、英語力がたりない方はこちらの2校から選択していただくことができます。

GMAT対策コース

アメリカの大学院では、英語力と合わせて、GMATのスコアの提示を求められることがあります。アメリカの語学学校では、GMATの対策に特化した授業を提供しています。学校決定前の準備、下見留学としてGMAT対策の留学のご案内も可能でございます。詳しくはお問合せくださいませ。

MBA 日本人に人気のスクール

HULT サンフランシスコ校

HULTは、世界各国にキャンパスを持つビジネススクールです。数多くの国籍の学生が在籍しており、毎年ForbsやThe Economicsなどが発表するビジネススクールのランキングで上位にランクインしているため、世界各国の方と人脈を作りながら、世界でもトップレベルの授業を受けたい方におすすめの学校です。


USC 紹介ページ

National University サンディエゴ校

National University サンディエゴ校は、サンディエゴに拠点を置く私立の非営利大学です。出願時に必要な英語力も高くなく、アメリカでMBAの資格を取得することをメインの目的とする方におすすめの学校です。


National University 紹介ページ

UCI

UCI(University of California Irvin)は、オレンジカウンティ・アーバインにあります。MBA取得において、カリフォルニア州内でも特に人気の学校です。


よくある質問

英語力が低いのですが、出願することはできますか。
多くのスクールは、出願の時点で公式スコアの提示が必要となります。そのため、出願締め切りの半年前には、公式試験が受けられるようスケジュールを組んでいくことをおすすめいたします。TOEFL、IELTSのスコアのみが足りない場合は、フィリピン留学で集中的にスコアアップを目指す方もいます。フィリピンでの留学についてもご案内可能でございますのでお問合せくださいませ。
奨学金をもらうことはできますか。
大学での成績や今までの業績によっては、大学院で奨学金を提供することもありますが、奨学金がもらえる方はほんの一握りです。

ロサンゼルス留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら
イメージ フリーダイヤル ヨイクニ オーク tel:0120-4192-09 受付時間/10:00 ~ 20:00 (年中無休) 無料メール相談
  • レッスン
  • 学校一覧
  • youtube
  • 選ばれる理由